« 2020年2月 | トップページ

2020年3月22日 (日)

栃木のヤバイはちみつ屋さんで味わった本物のはちみつ

先日行った「あしかがフラワーパーク」の帰り道、信号待ちで目に留まった養蜂店の看板。
描かれているハチのイラストに、なんだか見覚えあり。
そういえば、職場の後輩が軽井沢で撮ったと見せてくれた写真の中にいたような。

後輩が軽井沢ではちみつ専門店に入ると、外国からの観光客で混雑していて、試食できなくて残念だったという話をしていたのを思い出しました。
看板には右折1分と書いてあるし、そんなに人気の店が近くにもあるのならぜひ覗いてみようということで、「天狗屋養蜂店」を目指すことにしました。

Img_8378

国道50号沿いに巨大な看板があったので、場所はすぐわかりました。
しかし、店舗っぽくない外観と来客のクルマがゼロの駐車場。
想像していたのと違う、入りづらそう出にくそうな店でしたw

Img_8385

車を停めると外で作業していたおじさんがこっちを凝視している。
すでに後戻りできない雰囲気です。
店に入ろうとすると、さっきのおじさんが来てくれました。
接客もこの方がしているようです。

そして、私へ発した第一声にびっくり。
「40年やっているけど、本物のはちみつを知っている人にまだ会ったことが無いんですよ!」
入りづらい店、さらにおじさんまでクセのある人物でしたw

Img_8380

少し面食らっていると「ここにあるのは全部本物のはちみつなんで、試食だけでもして行って下さい!」とおじさん。
指された台には30種類くらいの瓶入りはちみつがビッシリ並べられ、数が多すぎてどれから試していいのか分からないほど。

Img_8382

種類に圧倒されている私に、本当のはちみつがどんなものかを語り始めるおじさん。
養蜂の映像まで流し始めました。
そして、作業解説にちょいちょい挟んでくる「これ私なんですけどね」に吹き出しそうに。
まさかのおじさんとハチが主演です。
興味深く拝見してきました。

Img_8381

ブルーベリーの蜜を集めている様子の映像を見せていただいたので、勧められるがままにその蜜を試食してみたら香りがよくてとっても美味。
気に入ったので買おうとすると、実はもうブルーベリーは完売したのだとおじさん。
ここは売ることよりもハチミツの出来を自慢するための店舗なのかもしれません。

Img_8383

ソバとかクリみたいな個性の強そうな蜜もありましたが、私は本物はちみつに関しては初心者なので、レンゲとすっきり食べやすいトチを選びました。
どちらも花の最盛期に採った極上品でお値段もそれなりですが、レンゲなんて今まで味わったことのあるレンゲとはまるで別物でした。

これを毎晩スプーン1杯だけ舐めるんだ。
そう考えただけで毎日がちょっと幸せになりそうです。

Img_8384

いただいたパンフレットによると、天狗屋養蜂店は栃木県内の他に軽井沢や横浜にも出店しているようです。
私が訪れた「佐野わたらせ店」はおじさん(社長さん)のシマ。

養蜂家自らがハチを連れて集めた蜜を、解説しながら売ってくれる店なんてすごくないですか?
何よりも、おじさんの語りの熱量がすごい。
なかなか貴重な体験をさせていただきました。

最後に店内の写真撮っていいですか?と聞くと、「みんな撮っていくけど全然宣伝してくれないんだ」と笑うおじさん。
私はちゃんと紹介しましたよ!
ぜひみなさんも、「あしかがフラワーパーク」や「佐野プレミアムアウトレット」へ行かれる際は、天狗屋養蜂店をお忘れなく。

Img_8386

天狗屋養蜂店 公式サイト
通販もやってます

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

あしかがフラワーパークへ梅と春の花々を見に行った

3月上旬のあたたかな日に、栃木県の「あしかがフラワーパーク」へ行ってきました。
こちらはゴールデンウィーク頃に見頃を迎える藤の花が有名ですが、四季を通じて旬の花(真冬はイルミネーション)が見られる北関東の癒しスポットです。

園内の開花状況によって入場料が変わる良心的な料金体系で、あまり咲いていない時期は300円、最高額は藤が満開のタイミングで1900円というわかりやすさ。
去年の同じ時期は300円で入場できたし、今年は暖冬の影響で梅の開花も早まったのか400円。
それでも格安ですよね。

Img_8324

春の花まつり開催中で、正面ゲートのエントランスにもチューリップ。

Img_8326

色とりどりのラナンキュラス、花弁の重なりがかわいいです。

Img_8328

入場してすぐ前方に見える斜面が梅で淡いピンクになっていました。

Img_8330

大きな寒紅梅の木。

Img_8333

満開でした。

Img_8335

蝋梅は散り始め。

Img_8340

黄色い小花は山茱萸(サンシュユ)。
秋にはグミのような真っ赤な実を付けるのだとか。

Img_8342

下の花は満作(マンサク)。
出かける前にチェックした公式ブログに「園内に1本だけある」と紹介されていて、気にしていたら見つけることができました。
梅の近くでした。

Img_8344

牡丹は堂々とした美しさですよね。

Img_8346

白い梅は枝先まで咲いていて、この日が見頃のピークだったのかもしれません。

Img_8351

ラッパスイセン。
黄色い花を見ているとバイブスがブチ上りますね。
ってなんだそれ。

Img_8359

ユキヤナギ。
この花は枝先から咲いていくんですね。
ほとんどが固いつぼみのままだったので、見頃はまだ先のようです。

Img_8360

ユキヤナギを囲むのはチューリップの花壇。
フリルのような八重咲きの花びらは、スマホ疲れの目を優しくいたわってくれるよう。

Img_8355

2万球のチューリップが咲き誇る春の花まつりのメインがこちら。
まだ見渡す限りのグリーン。
3月下旬くらいが見頃ではないでしょうか?

Img_8361

入場者もまばらな時期は売店もクローズです。
園内は整備中のところがあったり、冬のイルミネーションを外す工事をしていたりで、入場者よりも働く人の数の方が多かったのですが、春の花をいち早く見られるだけで貴重です。

Img_8364

ローズガーデンはまだ冬景色。
こちらの見頃は5月中旬。

Img_8365

白藤のトンネルはお手入れの真っ最中でした。
本番に向けてたくさんの手間を掛けているのを見ると、開花が本当に楽しみになります。

Img_8366

クリスマスローズに蜂が来ていました。

Img_8367

ポピーは花びらのはかなげな様子がたまりません。
つぼみのちょっとグロテスクなところも好きです。

Img_8369

パンジー?ビオラ?
ハッとするような深い青紫の花も美しくていいですね。

Img_8371

栃木のご当地グルメコーナー!
行った当日はここもクローズ中。

Img_8370

正面ゲートを入ってすぐの栃木土産を集めた売店を帰りがけにのぞいたら、LuLuLunのご当地フェイスマスクが置いてありました。
こちらのパークの藤のエキス入りだそうです。
同じ栃木のシリーズでとちおとめの香りは買ったことがあるんですが、藤ってどうなんでしょうね?
もう1回見たら好奇心から買ってしまいそうです。

Img_8372

3月はまだ花の種類も少ないので、1時間くらいあれば全体を見て回れる感じです。
平日は来場者も少ないし、新型コロナウイルスの影響で人混みを避けたい今の時期「あしかがフラワーパーク」は激しくオススメです。

2018年にはパークの横にJR両毛線の「あしかがフラワーパーク駅」が出来て電車でも行きやすくなりました。

Img_8374

駅を出てすぐ左がパークの敷地。
徒歩3分で到着。

Img_8377

あしかがフラワーパーク 【 公式サイト 】

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ