« 旅先でもお尻を甘やかせ! 携帯おしり洗浄器と関連用品 | トップページ | 彩の国の道教寺院 聖天宮へ行ってみた »

2020年2月 3日 (月)

旅の友「モンベル トレッキングアンブレラ」

買ってよかった旅用品の話です。

15年ほど前に台北で急な雨に降られ、コンビニで折り畳み傘を買いました。
値段は500円くらいだったと思います。
私が持っている他の折り畳み傘よりも小さかったので、そのままスーツケースに入れっぱなしで、旅行専用になりました。

12年くらい経ったある日(といっても年に数日しか使っていなかった)、シャフトの部分が歪んで開けなくなり、ついにお役御免。
華奢な骨の傘だったので、さすがに寿命だったのでしょう。

それから新しい旅行用の傘を買おうとネットで探すと、すぐにモンベルの折り畳み傘の評判が目に入ってきました。
その傘は、今まで使っていたものの10倍の値段だったので勢いではポチれず、一旦はブラウザを閉じたのですが、どうも気になるのでモンベルのショップへ見に行きました。

まず驚いたのが畳んだときの小ささ。
そして、持ったときの軽さも評判通り。
欲しくならない訳はなく、すぐに購入を決めました。

モンベルの折り畳み傘は種類が豊富で、骨が6本のものと8本のもの、軽い旅行用、UVカットの晴雨兼用、反射するインクでプリントして夜の視認性を高めたものなど、用途別に7種類もラインナップされています。

当初は86gの超軽量の「トラベルアンブレラ」が候補だったのですが、骨の数が6本では耐久性が心配なのと、開いたときの直径が他より小さいので濡れそうなものイヤ。
結局、最もベーシックなモデルと思われる「トレッキングアンブレラ」を選びました。

下の写真の傘が「トレッキングアンブレラ」。
開いたときの直径は98cm(骨長55cm)。
標準的な婦人傘と変わらない大きさです。
生地は20デニールのポリエステル。
触るとかなり薄く感じます。

Img_2523

骨は8本。
カーボン製なので軽くて強くて錆びません。
買ってから2年経ち、使っている間に突風にあおられたこともありますが、あまり不安はありませんでした。
ただし、メーカーは強風時の使用を推奨していないようです。
ボタンを押して閉じるタイプなので、指のお肉を挟むこともありません(前の安物はしょっちゅう挟んだ)。

Img_2539

下の写真が閉じたところ。
電車やバスに乗って、降りたらまたすぐに使うような場面では、これをクルクル束ねて持ち歩いています。
ポルカテックスという撥水加工が施されているので今のところ水滴のキレもよく、バサバサと振ればドライな感じに近づきます。

Img_2540

仕舞う際は普通の折り畳み傘と同じように骨を一本ずつ畳みます。
畳んだところが下の写真。
私の手と比較すると短さがわかると思いますが、これで25cmです。

Img_2544

下は収納時の生地を畳んだ状態の写真なのですが、傘の直径は5cm前後です。
右が付属の傘袋で、幅7cmの中にすっぽり収まります。

Img_2630

石突きのところにループ状のコードが付いていて、フックなんかに引っ掛けられるようになっています。
また、重さが150gと軽量で細身なので、バッグに入れているのを忘れそうになります。

Img_2633

取手や石突きのスペアパーツも売られているし、壊れたときはモンベルのお店で修理も受け付けてくれるそうなので長く使えそうです。

【モンベル】トレッキングアンブレラ

|

« 旅先でもお尻を甘やかせ! 携帯おしり洗浄器と関連用品 | トップページ | 彩の国の道教寺院 聖天宮へ行ってみた »

買ってよかった旅行用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旅先でもお尻を甘やかせ! 携帯おしり洗浄器と関連用品 | トップページ | 彩の国の道教寺院 聖天宮へ行ってみた »