« Aterm MR04LNを国際ローミングで使ってみた | トップページ | 香港電影「激戰」のロケ地を巡る澳門の旅 »

2019年10月20日 (日)

マカオ フェリーターミナルのコインロッカーと手荷物一時預かり所

マカオから香港への移動日、ホテルのチェックアウトが11時で予約していたフェリーが14時20分。
とりあえず外港客運碼頭/アウターハーバーフェリーターミナルに向かったものの、微妙に時間が余ってしまい、スーツケースを預けて再び出かけることにしました。

幸い、出境大堂/出発ロビーにコインロッカーがあるのを発見。
場所はエスカレーターで2階に上がって右手側、「行李托運 ENTREGA DE BAGAGEM/手荷物配送」のカウンターの横。
下の写真の左に写っている赤いのがそれです。

しかし、ここのコインロッカーはサイズがそんなに大きくなく、料金を払ってから私のスーツケースが入らないことに気づき、40香港ドルを寄付する羽目に。
おかげでコインロッカーと手荷物預かり所の両方を体験することができたので、ここはしぶとくブログのネタにすることに。
この失敗が誰かの役に立ちますように。

Img_7088

■ロッカーのサイズと料金

ロッカーの大きさは2種類。

  • 小型 縦26×横36×奥行60cm
  • 大型 縦41×横36×奥行60cm
    大型といっても、機内持ち込みサイズよりやや大きいくらいです。

料金は以下の通りでした(2019年9月調査)。

  • 小型 2時間以内:30パタカ(香港ドル)・以降4時間ごとの追加料金:40パタカ(香港ドル)
  • 大型 2時間以内:40パタカ(香港ドル)・以降4時間ごとの追加料金:60パタカ(香港ドル)

Img_7069

歡迎使用自助物箱貯!
それではコインロッカーの使い方を紹介します。
言語は簡体中文・繁體中文・Englishから選べますが、ここでは繁體中文の画面で説明します。


■荷物を預ける

1. まずは左の「」をタッチ

Img_7070

2. 説明を読んで同意したら「已閱讀並同意/READ&AGREE」をタッチ

Img_7071

3. 次の説明も読んで同意したら「已閱讀並同意/READ&AGREE」をタッチ

Img_7072

4. 使用するロッカーを選ぶ
空き状況は緑色で表示されます。使いたい位置を選んで画面のロッカー番号をタッチ。
私は43を利用しました

Img_7073

5. パスワードを設定
画面の近くにあるテンキーから任意の数字を6桁入力し、確認のために同じ数字をもう一度入力。
続いて6つの色の中から好きな1色を選びます。
なお、箱門門號は自分の選んだロッカー番号が自動で入ります。

Img_7076

6. 料金を投入
赤い文字が支払う金額で、右下の大きな文字がすでに入金した額。
使えるのはマカオと香港の10、20パタカ(ドル)紙幣のみです。
この時に支払うのは最初の2時間分です。超過分は取り出す際に。

Img_7077

7. ロッカーを開ける
支払いを済ませたら「付款後按這裡開門(支払い後ここを押してドアを開ける)」をタッチするとドアが開きます。

Img_7078

8. 荷物を入れる
開いたら荷物を入れて、ドアをしっかり抑えます。
ロックされたことを確認したら終了です。

Img_7080


■コインロッカーに預けた荷物を出す

1. 「取物」をタッチ

Img_7070

2. 説明を読んで「已閱讀並同意/READ&AGREE」をタッチ

Img_7081

3. 「箱門門號」にロッカーナンバー、「密碼」に自分で決めた6桁の数字を入力し、預けた時に選んだをタッチ

Img_7083

4. ドアが開きました
なお、2時間を超えた場合は追加料金を支払いを求める画面が表示されますので、案内に従って入金しましょう。
最後に荷物を取り出したらドアを閉じて下さい。
謝謝您的使用,歡迎下次光臨!

Img_7084


■大きなものは手荷物預かり所へ

ロッカーに入らないサイズの手荷物は「行李托運 ENTREGA DE BAGAGEM/手荷物配送」のカウンターへ持って行きましょう。
ターボジェット利用者の荷物をホテルや自宅などに配送するためだけのカウンターかと思いきや、ここでは一時預かりもしてくれます。

立て札に「Luggage Storage 行李寄存」と書かれているだけだったので、コインロッカーへ行く時に全く気づきませんでした。

Img_7088

営業時間は6時45分から23時59分まで。
料金は1時間20パタカ(香港ドル)です。

Img_7087

受付時に預けた時間と番号の書かれた引換証をくれます。
代金は後払いで、引き取りの際に必要なので引換証は大切に保管しましょう。

Img_7089

コインロッカーをチマチマ操作するよりも対面で預けるほうが簡単だし、スタッフも感じのいい人だったので、私は断然有人カウンターをおすすめします。

|

« Aterm MR04LNを国際ローミングで使ってみた | トップページ | 香港電影「激戰」のロケ地を巡る澳門の旅 »

澳門旅メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Aterm MR04LNを国際ローミングで使ってみた | トップページ | 香港電影「激戰」のロケ地を巡る澳門の旅 »