« LCCの国際線に乗り遅れそうになった話 | トップページ | 2019年4月の台湾 行った場所や食べたもの その1 »

2019年6月25日 (火)

誕生ラッシュの埼玉県こども動物自然公園

埼玉県東松山市にある「こども動物自然公園」に行ってきました。
こちらは埼玉県最大規模の動物園で、広い敷地に200種類の生き物たちがゆったり展示されています。
希少動物の繁殖に力を入れていて、先ごろ「世界動物園水族館協会」への加盟(国内では10団体目)が認められたそうです。

近くに駅がないので、東武東上線の高坂駅からバスに乗るか、クルマで来るしかないのですが、入園料510円・駐車料金600円でかなり楽しめます。
去年は年間パスポート(1530円)を作ってしまったほどお気に入りの場所です。

公式のフェイスブックをちょいちょい見ていると、動物の誕生や死、他の動物園への引っ越し、記念日などにちなんだイベントのお知らせなどのニュースがこまめに出ているので、何度でも行きたくなるんですよね。

今回のお目当は、国内ではここでしか見られない世界最小の鹿・プーズー。
5月17日にも赤ちゃんが誕生したのですが、その公開が6月1日から時間限定ではじまったと知って、居ても立ってもいられず4日に行ってきました。

生後2ヶ月くらいまでの幼いときだけあらわれる白い斑点。
これが見たかったんですよ!
私が行ったときは、お腹がいっぱいなのか眠そうでしたが、タイミングが良ければ動き回る姿も見られるかも。

Img_6192

下がお母さんのサクラ。
2017年にここで生まれました。

Img_6188

そして、公式サイトで知ったのですが、6月2日には今年2頭目のプーズーも誕生したのだそうです。
そちらの親子も15日から時間限定公開されているとのことなので、2組の親子が見られるかもしれませんね。

Img_6179

室内展示場の近くにあった注意を促す表示もプーズー。

Img_6185

「こども動物自然公園」にはマヌルネコもいます。
現在3頭いるうちの2頭の姿が見られました。
精悍な顔つきなのでオスでしょうね。

Img_6198

展示室から出て外の様子を眺められるメッシュのトンネル。
時々、ここをウロウロしています。

Img_6200

隣の展示室でのんびり過ごしていたコは優しい顔つきなのでメスかな?

今年は「国際マヌルネコの日(4月23日)」が制定されるなど、注目される機会が増えそうなマヌルネコですが、日本では6ヶ所でしか見られない希少な動物なので、こちらを訪れたら是非見て欲しいです!

Img_6204

春は動物の赤ちゃんの誕生ラッシュですが、この春生まれたプレーリードッグ5頭も5月中旬頃に巣穴から出てきたと聞いて見てきました。
大人の半分ほどの大きさでしたが、いっちょまえに草を手で持って食べています。

Img_6215

こちらのプレーリードッグ舎は展示場の下に人の出入り出来る地下空間があって、地面に開いた穴から顔を出して近距離から観察することができます。
先に入っていた男子学生風のコたちが「マジ、シルバニア!」と騒いでいるのを見て、もうちょっとマシな感想言えよと内心思ったのですが、自分が入って見たら「マジ、シルバニア」でした。

Img_6220

誕生シリーズはまだ続きます。
こちらの仔牛も5月18日に生まれたばかり。
すでに、来場者が仔牛にミルクをあげる哺乳体験の職務をこなしているようです。

Img_6205

名前はなんていうのかな?
おでこにある白い斑点が目印です。

Img_6206

こちらでは搾乳体験もできるようになっていて、開始時間は11時・13時・14時半の1日3回。
各30分の時間が設けられていて、飼育員の方の説明の後に実際に搾ることができます。

Img_6210

以前、飼育員の方から聞いた話だと、搾乳体験をさせてくれる牛たちは、まず人を怖がらないように慣れさせ、張ったおっぱいを搾ってもらうと楽になるということを覚えてから展示搾乳場へデビューするのだそうです。

この日はひづめのカットをしてもらっている牛も見ることができて、牛への親しみが一層増した1日でした。

Img_6212

下の写真は園内で放し飼いにされているマーラ。
ネコより少し大きくて、鹿のようなウサギのような外見ですが、モルモットの仲間なのだそうです。
無防備に牛舎付近でくつろいでいることが多いのですが、写真を撮ろうと近づくと逃げてしまいます。

Img_6214

動物たちと触れ合えるなかよしコーナーも充実しています。
中に入るなり、シチメンチョウが羽をふくらませて歓迎(威嚇?)してくれました。

Img_6225

ヒツジとヤギの密談。

Img_6231

今回は午後にふらりと行って、この春生まれた動物たちを中心に、下の地図の黄色で囲んだエリアを1時間だけ見て帰ってきましたが、園内にはニホンカモシカやコアラ、コツメカワウソなどまだまだたくさんの動物がいますよ。

公式サイトのおすすめのコースによると、園内一周するには6時間必要なようです。
園内は勾配もあるしかなり広いので、スニーカーなどの歩きやすい靴で行かないと泣くことになります。
また、日差しを避けられる場所が少ないので、帽子や日傘の持参をオススメします。
園内を「彩ポッポ」というバスが運行されていますが、あまり遭遇したことがなく、乗りたいときに乗れないので私の中では幻です。

1


詳しくは「埼玉県こども動物自然公園」の公式サイトをご覧ください
http://www.parks.or.jp/sczoo/index.html

|

« LCCの国際線に乗り遅れそうになった話 | トップページ | 2019年4月の台湾 行った場所や食べたもの その1 »

関東近郊お出かけ」カテゴリの記事