« 彩虹眷村へ行ってきた | トップページ | 燃えるように咲く木棉花 »

2019年3月23日 (土)

【台北宿泊】正・旅館 台北車站館(ジャスト イン タイペイ)

台北車站の近くにある、「正・旅館(ジャスト イン タイペイ)」に宿泊してみました。
ちょっと古い雑居ビルの中にある、ワンフロアのみで営業しているこじんまりした宿です。

予約サイトのクチコミでは狭いとか窓の無い部屋だったという意見も見られ、やや不安要素もありましたが、予約したコンフォートダブルルームは充分な広さがあり、窓からの日当たりも良好でした。
一泊5000円台で必要なものはほぼ揃っているし、交通の便も最高で結果的に大満足。
早速、中の様子を紹介しましょう。

ベッドはゆったりサイズで寝心地もよかったです。

掛け布団というかブランケットは薄く、ダブルにしては横幅の足りないサイズが標準装備のようなので、2名で利用するならフロントでもう一枚貸してもらうといいかもしれません。

Img_5211

ベッドの窓側には出窓のようなスペースがありました。

Img_5213

窓の外の景色はこんな感じ。
はめ殺しの窓なので開けることはできません。
ガラスの汚れもちょっと気になりますが、交通量の激しい重慶南路と忠孝西路の交差点に近い場所なので仕方ないですよね。
大通りが近いわりに、外の騒音は特に気になりませんでした。

Img_5214

ベッドの横にはデスク。
ティッシュ・ドライヤー・マグカップ。ここには最低限のものしかありません。
歯ブラシやカミソリなど基本的なアメニティはフロントデスクに用意されていて、必要なものを受け取る仕組みです。
また、共用スペースにネスプレッソのコーヒーマシン、ティーセット、ウォーターサーバーなどがあり自由に利用できます。

Img_5210

ドライヤーはパナソニック製。
静音タイプなので、早朝出発でも気兼ねなく使えそうです。

Img_5217

ベッドの横に立って入口側を撮ってみました。
ドアが姿見になっています。
入口の横がバスルームで黒い布は目隠しのカーテン。

床はスーツケースを広げる充分なスペースがあります。

Img_5204

エアコンもパナソニック製。
リモコンに暖房の切替ボタンが付いていたのと、公式サイトにも冷暖房と書かれてあったので、冷房しかできないタイプではないと思います。
でも、試しに暖房運転にしてみたところスタンバイ状態が長くて温風の出る気配が無かったので、実際のところよくわかりません。
台湾や香港のホテルって暖房設備が無かったりしますから、冬季に暖房が使えるとしたら個人的には高得点なのですが。
壁にはワイヤーを曲げて作ったハンガーが4本、ハンガーポールは水道管とバルブでできたハンドメイド。

Img_5209

液晶テレビ、空気清浄機もパナソニック製。
全ての電化製品がパナソニックでした。

Img_5212

バスルームは適度にスペースが取られていて、特に狭さは感じません。
設備はレインシャワーとハンドシャワー、水圧も申し分なし。
備え付けのシャンプーとボディーソープは無印良品の容器に入れられていました。

Img_5203

洗面台にはグラス2個とハンドソープ。
シンクが大きめで深さもあります。
蛇口の位置が高いので、水の飛び跳ね注意です。

Img_5208

リーズナブルな宿なのに、トイレはパナソニックの温水洗浄便座付き。
横のシャワーブースとはカーテンで仕切れるのですが、床に高低差があまりないためトイレ側の床がちょっと濡れてしまいました。
バスマットがズブズブに濡れてしまわぬよう、シャワーを浴びている最中は脇に避難させておいたほうがよさそうです。

Img_5205

入口のドアに避難経路の案内図が貼ってありました。
万が一のために、逃げ道はチェックしておきましょう。

Img_5216

もし火事になっても、お隣のビルが消防署なのですぐ消してもらえそうです。

Img_5285

部屋に冷蔵庫はありませんが、同じ建物の1階にセブンイレブンがあるので冷たいドリンクもすぐ調達できます。

Img_5284

一点だけ気になるのが、入口の分かりにくさでした。
通りに面して下の写真のような看板が出ているのですが、これがなかなか見落としがち。
私はここを何度も通ったことがあるのに、今回予約するまで「正・旅館」に気づきませんでした。
同じビルの1階にあるレトロな佇まいの「華美大飯店(ニューメイフラワーホテル)」の存在感があまりにも強く、なんだか負けてしまっているんですよね。
そして、「正・旅館」へ向かうエレベーターは「華美大飯店」のフロアの中にありますので、臆せずに中へ進み3階へ向かって下さい。

Img_5279

エレベーターを3階で降りると、コンクリート打ちっ放しの壁とシルバーのドアが見えるだけの無機質な空間です。
一瞬倉庫か何かの階に間違えて降りたのかと思ってしまいましたが、このドアを開けるとスタッフの方がにこやかに迎えてくれました。

Img_5280

こちらへ到着した日は台北市内の別なホテルから移動してきて、チェックイン開始よりも早い時間に着いてしまったので、先に荷物だけ預かってもらおうとしたのですが、もう部屋が用意できていると早めに通してもらうことができました。
時間帯でスタッフの顔ぶれは変わりますが、どの方も親切で好印象でした。
実はこの宿がとても気に入って、4月末にも予約を入れてしまいました。
また気づいたことがあれば書きたいと思います。

1ヶ月後、コンフォートダブルルーム(窓なし)に再び宿泊しました。
【台北宿泊】正・旅館 台北車站館(ジャスト イン タイペイ) 再訪編 - ねごしう備忘録


ホテル予約サイト【Agoda】で料金をチェック

【Booking.com】で料金をチェック

正・旅館(Just Inn Taipei)
台北市中正區重慶南路一段1號3樓

|

« 彩虹眷村へ行ってきた | トップページ | 燃えるように咲く木棉花 »

宿泊施設」カテゴリの記事