2017年7月30日 (日)

無印良品の「ルーロー飯」

前回紹介した「青葉嚕肉飯料」に続いて、またもや嚕肉飯ネタです。

今度は無印良品のごはんにかけるシリーズから出ている嚕肉飯。

私が今シーズン、すでに10食あまり胃袋に納めたほど愛してやまない、「柚子胡椒と鶏肉の冷やし味噌茶漬け」を補充しに行った際に見かけて買ってみました。

Img_0590

1人前・120gは、小さめのどんぶりにちょうどいい量。

ボンカレーやククレカレーで180gといえばピンとくるでしょうか?

パッケージの説明文にキッチリ八角と書いてあるように、(苦手な人は食べたくないであろう)あの風味がちゃんとあります。

これはズバリ、八角が恋しい人にオススメできる物件!
私は適度な八角なら好ましく感じる方なので、わりと好きな味でした。

Img_0591

具は豚バラ肉、短冊切りにしたたけのこ、きくらげです。

価格は税込380円。

Img_0592_2

こちらが実際にご飯にかけてみたもの。

煮汁はシャバシャバしたのじゃなくて、とろみのあるあんかけでした。

嚕肉飯というより、豚角煮丼とか醤油ベースの中華丼といった感じかな。

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

無印良品の「ダイヤル式キッチンタイマー」

10年以上使っていたタニタのキッチンタイマーが数ヶ月前に壊れ、なんとなく買いそびれたままiPhoneのタイマーで代用してきたのですが、やっぱり無いと不便なので買ってきました。

これからの季節は麺を茹でる機会も増えるし、茹で時間はちゃんと計りたいですからね。

Img_0520

今度のは無印良品の「ダイヤル式キッチンタイマー」。

柚子胡椒と鶏肉の冷やし味噌茶漬け」を買いに行ったときに、たまたま見つけて買っちゃいました。

いまどきキッチンタイマーなんて100均でも買えるのに、1900円という強気の価格設定!

あとで調べたら、長持ちしたタニタでもダイヤル式のキッチンタイマーを出していて、値段を見たらそっちのほうが安かった!

まぁ、いいやw

Img_0522

使い方は簡単で、本体の側面をクルクル回すと10秒単位で設定できます。

最大で99分50秒まで。

ゼロからスタートすると、カウントアップで時間の経過を計れます。

Img_0521

裏面には磁石。

冷蔵庫に貼り付けて使ってます。

ボタン電池はLR44を使用。

Img_0523

横から見ると結構厚みがあって、測ってみたら22mmありました。

この厚みのおかげでかなり回しやすいような気がします。

それにしても、セットするときにボタンをポチポチ押さなくていいだけで、こんなに使い勝手がいいなんて、それだけで買ってよかったと思いました。

| | コメント (0)

2017年6月14日 (水)

無印良品の「柚子胡椒と鶏肉の冷やし味噌茶漬け」がおいしすぎる

無印良品の食品はおいしいものも多いけど、「この値段でこれ?」なものも混ざる、まさに玉石混淆状態。
そんな中で、個人的にリピート買いをしているのが、一口サイズにカットされた「するめシート」、「果汁100%ソーダ 青森県産りんご」、「食べるスープ トマトの酸辣湯」なのですが、先日お試しで買った「柚子胡椒と鶏肉の冷やし味噌茶漬け」が大当たり!
速攻で追加購入しました。

Img_0382
これは「ごはんにかけるシリーズ」の夏向け商品のようですが、いっそ定番にして欲しい。
中身は一食分で価格は税込250円。
6/19まで「ごはんにかけるシリーズ」を2点以上買うと15%offなんだけど、当然私はこれだけをレジに持って行きました。
Img_0383
お茶碗一杯のご飯に「柚子胡椒と鶏肉の冷やし味噌茶漬け」かけたところです↑
具は鶏肉、せり、昆布。
基本的に味噌汁ぶっかけ飯なのですが、この味噌汁がしみじみおいしい!
パッケージの写真より鶏肉が小さい気がするけど、そんな小さいことどうでもいいくらいおいしい!
廃盤になったら悲しいので、いろんな人にこのおいしさを伝えたいと思った次第です!

| | コメント (0)