« 三峡 鶯歌4時間の旅 | トップページ | LCCの国際線に乗り遅れそうになった話 »

2019年6月19日 (水)

三峡 清水厳祖師廟

前回書いた三峽観光の際、老街に近い清水巖祖師廟も見てきました。

ここに祀られている清水祖師は中国福建省安渓の神様。
三峽を開拓した安渓出身移民の手によって、1769年にこの廟が建立されたのだそうです。

長い歴史の中で、これまで幾度か建て替えられてきました。
最初は地震で壊れての再建、2度目は日本統治に抵抗した住民への報復で日本軍が焼き払った(泣)あとの再建、そして1947年からは老朽化した建物を修復するために3度目の再建。

現在は東方芸術の殿堂と称されるほど彫刻がもりもりで、どこから鑑賞してよいのかわからないくらいでした。

Img_5767

対になって中門を守る石の獅子像。
友人が教えてくれたのですが、おなかのところに小さな獅子がいるのはメス。

Img_5771

子供を連れていない方がオスなのだそうです。
今まで知らなかった〜。
獅子像はいたるところにあったので、オスかメスかをチェックしながら見ていくのも楽しいです。

Img_5772

壁を見上げると、上の隅々までみっちりと彫刻されています。

Img_5773

有名な物語のシーンかもしれないけど、中国の歴史に疎くて全然わからない。

Img_5774

こちらが正殿。
前に並ぶ6本の石柱は真ん中から対になっていて、一番内側はそれぞれに龍が巻きついた「雙龍鋒劍金光聚仙陣」で、三層の透し彫りという高度な技法で作られているそうです。
その隣の「百鳥朝梅柱」は、3度目の再建を指揮した李梅樹さんという芸術家が鳥好きな方で、職人さんたちと共に1本の柱に50羽、1対で100羽の鳥を掘ったとか。ちょっと数え切れませんでした。
一番外側の2本は「封神演義」という中国の物語をテーマに李梅樹さんがデザインした「雙龍朝卅六關將十八騎」です。下の写真ではちょっと切れてしまっていますが、これも彫刻の内側に彫刻という手のかかる緻密な作品です。

Img_5776

一番内側の1対は龍柱。
龍柱は正殿の前で神様を守護する門番的な役割をしているのだとか。
いわれてみれば、台湾の道教寺院でよく目にしますよね。

Img_5776-2

そういえば、今年1月に行った首里城の正殿前にも龍柱がありました!
下に写真を貼っておきます。

Img_4669

「百鳥朝梅柱」以外にも、鳥が彫られた石柱を見つけました。

Img_5777

鳥の彫刻が多いことから「鳥廟 The Bird Temple」とも呼ばれているそうです。

Img_5778

中国歴史絵巻っぽいものは、全然わからなくて本当に残念。
きっとこれにも面白いストーリーがあるのでしょうね。

Img_5779

魚もいました。鯉の滝登り。

Img_5781

石の彫刻ばかりでなく木で彫られたものも見られます。
どこで見つけたか覚えていないのですが、猫モチーフは脊椎反射で撮ってしまいます。

Img_5782

2階の太歲殿の前から撮った前殿の屋根。
あらゆるところの装飾がすごいです。

Img_5784

参拝者のために三峽河に架けられた「長福橋」。
徒歩でしか渡れない橋です。
欄干のひとつひとつに獅子が座っていました。

Img_5787

今回、何の知識も無い状態で来て、ついでに寄っておこうくらいの軽い気持ちで訪れたのですが、時間を取ってゆっくり見ないともったいないほどの濃密な空間でした。
工事中のMRTが完成すれば、ぐっとアクセスしやすくなるはずなので、またいつか行ってみたい場所です。

|

« 三峡 鶯歌4時間の旅 | トップページ | LCCの国際線に乗り遅れそうになった話 »

必去打卡景點」カテゴリの記事