« 我愛豆花 | トップページ | 2019年3月 行った場所や食べたもの その2 »

2019年5月14日 (火)

2019年3月 行った場所や食べたもの その1

3月は貯まったJALマイルを使っての旅。
私が使いたい台北や香港行きのJAL便は、特典航空券で乗れる座席割り当てが少ないのかそれとも人気があって取れないのか、行きたい日程はかなり先でも常にキャンセル待ち。
行きたい日に乗れないんじゃ仕方ないので、ここ数年はマイルを貯めることにも消極的でLCCばかり使っていました。
ところが、昨年12月から「国際特典特典航空券PLUS」という制度が始まって、基本マイルにマイルを上乗せすることにより、すぐに特典航空券が手配できることになったようです。
試しに行きたい日程を入れたところ、すんなり台北行きが予約できました。

私が予約した時点では、羽田〜台北松山は通常の30%増し、成田〜桃園で20%増しくらいのマイルがあれば乗れる感じでで、中部とか関空を経由すると基本よりも若干少ないマイルでいける感じでした。
そんな経緯もあって、行きは成田から桃園、帰りは桃園から関空経由の羽田にしてみました。

というわけで、本題の行った場所や食べたものメモ。
すでに記事にしたこと以外で何をしたか食べたか、あとで振り返るための記録です。


■1日目

久しぶりの機内食。特別なリクエストをしていない普通の食事です。
成田から桃園は牛肉のうま煮的なメインに、野菜サラダ、別容器でポテトサラダ、ハーゲンダッツのアイスクリーム。
まさかのサラダかぶり。

Img_4859

到着してから愛しの全家に飲み物を買いに行きました。

Img_5002_1

檸檬蜂蜜水ゲット。
セブンにも同じようなのがあるけど、あちらは酸味が強めな気がします。

Img_4911_1

先に台北入りしていた友人たちと合流。
ホテルまで乗せてくれたタクシーの運転手さんが「九份往復2000元で行くよ」と営業してきたけど相場がよくわからないので名刺をもらう。
九份へ何度も行ってる友人に聞いたら2000元は安い(台北市内からチャーターした場合、2000〜2500元くらいが相場らしい)とのことだったので、すぐにLINEで運転手さんへ連絡。
この日の夜は九份でお茶を飲んで、市内に戻ってから「添好運」で夕飯。

Img_4881


■2日目

包仔的店」で朝ごはんを買い、ホテルの近くのカフェでラテをテイクアウト。
東區粉圓」で食べた豆花が思いのほか腹持ちがよくてお昼はパス。
その後は動物園へ寄りつつ纜車で貓空へ。
午後3時頃に貓空のカフェで高山烏龍茶を飲みながらワッフルでおやつタイム。
この量のが1人前でびっくり。
おいしかったけど量太多了……。

Img_4986_1

雨雲に覆われ景色も見えないので帰りは動物園駅までタクシーにしようと思ったのですが、貓空駅の周辺にいるタクシーは1人75元で4人集まらないと出発しない乗合いタクシーばかり。
4人分の300元払うからすぐに出発できないかと交渉したら、600元出さないとダメだと倍の値段をふっかけてくる始末。
頭にきたので帰りも纜車にしました。
駅に大勢の人が並んでいたけど、ほとんどの人は床が透明な「水晶車廂」目当てで、普通のゴンドラなら待ち時間ゼロで乗れました。

Img_4990

夕飯はSOGO忠孝館のB1にあるフードコートへ。
あまりおなかが空いていなかったので、「東洋」というお店で小さなお碗の麺をいただきました。
このお店は台湾小吃のお店で、おいしそうなセットメニューがいっぱい。いつかお腹を空かせて再訪したいです。

Img_5001_1


■3日目

この日は高鐵の乗り放題パスを使って、台中と高雄へ弾丸の旅。

Img_5008

高鐵改札内のセブンでサンドイッチと飲み物購入。
ココイチとコラボの咖哩雞排三明治(カレーチキンカツサンド)なるものがあったけど、買ったのは起司火腿蛋三明治(チーズハム薄焼き卵サンド)。
「洪瑞珍」のようなうす〜い具を挟んでホイップクリームを塗ったふかふかのパン。こちらの三明治はおいしい。

Img_5003_1

お昼は高雄の「鼎泰豊」。
食べ終わってからは蓮池潭へ観光に。
2年連続で「龍の口から入って虎の口から出る」を実行したので、きっといいことがあるでしょう。

Img_5108

夕方には台北へ戻って「文慶雞」で海南雞飯をいただきました。
こちらは好きすぎて毎回行くお店。
しっとりチキンの海南雞飯はもちろんおいしいのだけど、初めて注文した涼拌木瓜(レモン風味のパパイヤサラダ)が食欲を刺激するサッパリ味で気に入りました。

Img_5155_1

その2 へつづく

|

« 我愛豆花 | トップページ | 2019年3月 行った場所や食べたもの その2 »

台湾旅メモ」カテゴリの記事