« 台北駅前の添好運 TimHoWan へ | トップページ | 2019年3月 行った場所や食べたもの その1 »

2019年5月 8日 (水)

我愛豆花

台湾で食べたいものは数あれど、調子に乗るとすぐに痛い目を見る胃腸虚弱。
さらに、気温が上がればみるみる食欲が減退する寒冷地仕様な我的身體。
暑いからといって冷たいものを摂りすぎると拉肚子的症狀、すなわちおなかぴーぴーになりがちなので、マンゴーかき氷など怖くてなかなか手が出ません。

そんな私の軟弱な胃腸にも刺激が少なく、南国の蒸し暑さで弱っている体にも染み込むように入る魔法の食べ物が豆花です。
いつも優しさをありがとう。

3月は2つのお店でいただきました。

ひとつめは、ガイドブックなどでもよく紹介されているカエル印の「東區粉圓」。
このエリアに来る機会があまり無く、初訪台から10ん年でやっと行くことができました。
たまに行動範囲の違う友人と旅をすると、普段行けない場所へも足を伸ばせるのがよいですね。
念願叶って初「東區粉圓」。

Img_4931

メニューは熱いのと冷たいのが、それぞれ4種類。

まずは熱的
1.紅豆湯 加 自選三種配料(あずきのお汁粉にお好みのトッピング3種類プラス)
2.燒仙草 加 自選三種配料(仙草スープにお好みのトッピング3種類プラス)
3.熱糖水 加 自選四種配料(甘いシロップにお好みのトッピング4種類プラス)
4.熱豆花 加 自選三種配料(豆花にお好みのトッピング3種類プラス)

Img_4929

そして冰的
1.任選 1-4 種配料(お好みのトッピング4種類までチョイス)
2.粉圓 加 自選三種配料(タピオカにお好みのトッピング3種類プラス)
3.冰豆花 加 自選三種配料(豆花にお好みのトッピング3種類プラス)
4.綜合粉圓冰 幫您配三種料(タピオカに店員さんお任せでトッピング3種類プラス)

私は「冰豆花 加 自選三種配料」を選びました。

Img_4928

トッピングはこのケースの中から選ぶのですが、指差し注文で大丈夫。

Img_4930

お金を払って品物を受け取り、店内で食べるなら隣の部屋のイートインスペースへ。
椅子の数がたくさんあるし、半分がカウンター席なので一人でも利用しやすそうです。

Img_4934

手前が粉圓・湯圓・芋圓をプラスした冷たい豆花。
奥が友人がオーダーした紅豆湯。
大きなカップにたっぷり入れてくれます。

3種類のトッピングのそれぞれ違ったモチモチの食感に、するんと食べられる豆花は最高でした。
ただ、ちょっと量が多いのでだんだん苦しくなってきます。
紅豆湯の友人は途中で降参していました。

食べ終わったら入口横にあるバケツに、使用済みカップ・レンゲ・食べ残しをそれぞれ分別して片付けましょう。

Img_4932

 

営業時間は11時〜23時まで
年中無休


ふたつめは寧夏夜市の近くの「古早味豆花」。

この近くに「豆花莊」というお店もあってどちらも有名店ですが、個人的には味も雰囲気も「古早味豆花」の方が好みです。
ただ「古早味豆花」は座席数が少ないので、注文カウンターに何人か並んでいるときはパスしています。
今回は通りかかったときに誰も並んでいなかったので入りました。

Img_5268

外観はこんな感じ。
歩道に面した注文カウンターはお持ち帰り用。
店内で食べる場合は右側のガラスケースの前に並びます。

Img_5269

久しぶりに来てみたらメニューがちょっと変わったようで、豆花はあらかじめ決められた組み合わせのトッピング2種類がセットになって、1から8号までの呼び名が付いていました。

豆花壹號/花生+粉圓
豆花貳號/紅豆+芋圓
豆花參號/綠豆+粉圓
豆花肆號/芋頭+芋圓
豆花伍號/薏仁+木耳
豆花陸號/花豆+麥片
豆花柒號/湯圓+粉圓
豆花捌號/粉圓+愛玉+檸檬

タピオカと一緒に食べたかったので壹號を選びましたが、ピーナッツの煮豆があまり得意じゃないし、油分がシロップを濁らせてしまうのでテンションだだ下がり。
次からは柒號か捌號にしよう……。

Img_5266

ちなみに、下の写真が以前のメニューにあった粉圓豆花。
見るからにこっちのほうがおいしそうですよね。

豆花自体は豆の味と香りが濃厚で、「あぁ、いま植物性たんぱく質を摂取してるんだな」と感じられて大好きです。

食べ終わったら食器は自分で下げましょう。

Img_6831

営業時間は10時から深夜1時まで

|

« 台北駅前の添好運 TimHoWan へ | トップページ | 2019年3月 行った場所や食べたもの その1 »

食べたものメモ」カテゴリの記事