« ドラマ「花甲男孩轉大人」の三合院 | トップページ | 台湾新幹線のビジネスクラスに乗ってみた »

2019年5月27日 (月)

行列に怯むな!飯糰霸の台湾風おにぎり

台湾はテイクアウトできる朝ごはんの種類が豊富なので、食べたいものだらけで困ってしまいます。
包子や三明治など小麦粉系もいいのですが、前日の夜はLiveで帰りが遅く晩ごはん難民になってしまったので、しっかり食べたくて飯糰 Fàntuánにしました。
飯糰は具沢山の台湾風おにぎりです。

去年は「青島飯糰」で紫米の飯糰をいただいたので、今回はその近くにあるもう一つの有名店「飯糰霸」へ行ってみることに。
こちらも長い行列ができるほどの人気店で、注文したものをその場で握ってくれる方式です。

文字びっしりの黄色い看板が目印です。
行列の最後尾に着いたら看板の文字とにらめっこしながら、何を注文するか大いに悩みましょう。
おにぎりに入れられる具は「原味(酸菜/高菜っぽい漬物・菜脯/切り干し大根・肉鬆/肉でんぶ・油條/揚げパン)」がベースになっていて、それに何か足されたものがメニュー名になっています。

Img_5638

メニューをわかる範囲で訳してみます。
実際に全部食べたわけではないので、具の詳細が不明なものもあります。
何が入っているかの参考程度にして下さい。

原味飯糰 基本の具(高菜っぽい漬物・切り干し大根・肉でんぶ・揚げパン)
鮪魚飯糰 ツナ
柴魚飯糰 かつお節
海苔飯糰 外側に海苔付き
加蛋飯糰 卵焼き入り
半鹹甜飯糰 あまじょっぱい味付け?
麻辣飯糰 スパイシーな味付け
肉鬆飯糰 肉でんぶ
招牌總匯飯糰 看板メニューの全部入り

素食飯糰 ベジタリアン向け
甜飯糰 甘いピーナッツパウダーと揚げパン

店舗の向かって左側では各種おかゆや涼麺のお持ち帰りもできます。

Img_5636

常に10人くらい並んでいましたが、すぐに自分の順番が来ました。
注文は横にあるメニューの看板を指差せばいいので、話せなくてもOKです。
お店の方はビニール袋を被せたタオルを巻き簾のように使い、熱々のもち米を敷き詰め、その上に手早く具を乗せていきます。

Img_5637

海苔飯糰を買ってみました。
完成したものは、半透明のビニール袋に入れてくれます。
部屋に着いてもまだアツアツでした。
軽めに握られているので、こぼさないようにちょっと出してかぶりつきましょう。

Img_5640

もち米がかために炊かれていて、かなりの食べ応えがあります。
中に入れられたいろんな具は熱い米の中で蒸され、いい感じに味がまとまっています。
油條のサクサクと菜脯のコリコリ、米のムチムチした食感もクセになります。

Img_5642

 

下の動画で飯糰を作っている様子が見られます。


台北市中正區公園路24號
営業時間:6時〜22時半 日曜定休

|

« ドラマ「花甲男孩轉大人」の三合院 | トップページ | 台湾新幹線のビジネスクラスに乗ってみた »

台湾旅メモ」カテゴリの記事