« 鼎泰豊(ディンタイフォン)のアプリは便利!自分の整理番号になったら教えてくれる | トップページ | 我愛豆花 »

2019年4月24日 (水)

台北駅前の添好運 TimHoWan へ

「添好運」站前店へ行ってきました。

ミシュランガイドで星ひとつ獲得した、香港発の庶民価格の點心専門店です。

日比谷にもお店ができましたが、私が行ったことのあるのは香港の下町・深水埗のお店だけなので、そこと比較して気づいたことなども交えて書いてみます。

この外観の写真は昼間にタクシーの中から撮ってますが、行ったのは夜の20時半。閉店の1時間半前でしたが、数人並んでいました。

Img_4870

外の椅子で渡されたメニューを眺めていると、すぐに席に通されました。

オーダーは渡される伝票に記入する方式で追加分は口頭注文。
で、まずはビール。
それと一緒にテーブルに人数分の食器が置かれました。

香港のお店で出されたのは、もっと安っぽい赤と黒のプラスチックの湯のみとお椀とレンゲにお箸。
あと洗杯用の大きなどんぶり鉢みたいな器が出てくるので、もうこの時点で違いました。

こちらは椅子もゆったりだし、店員さんはアルバイトっぽい若い男女。
香港は狭い4人掛けのテーブルに見知らぬ他人との相席は当たり前で、ベテランのホール係が目を配ってる感じ。
私は香港の雰囲気も好きだけど、台湾の店舗のほうが入りやすいかも。

Img_4890

招牌メニューのチャーシューメロンパンとニンニクチップの乗ったゆで芥蘭。

Img_4891

蘿蔔糕と蝦餃は必ず頼むやつ。熱々を食べなくてはと意気込んで、蝦餃の写真は撮り忘れました。

Img_4892

チャーシュー入り腸粉。

Img_4894

エビ入り腸粉。後半でチャーハンも頼んだのに、会話に夢中になって写真忘れました。

Img_4893

これは香港にも日本にも無いと思われるメニュー「添好運流沙包」。
マンの中にトロトロのカスタードクリームが入っていて、ひとくちかじると熱々が流れ出してキケン!でも美味!

Img_4895

シメの甜品は揚枝甘露。
広東語読みしか知らなくて発音を直されたけど、ちゃんと出てきてひと安心
たらふく食べた後でも、デザートがスープ状のものなら楽勝で入りますね。 

Img_4897

実は、いつ前を通っても行列ができていたので、ちょっと敬遠していたお店だったのですが、出てくる點心はおいしいので行ってよかったです。

添好運」公式サイト
場所はシーザーパークホテルの隣、捷運M6出口が最寄り。
営業時間:10時〜22時

 


 

iPhoneのカメラロール探したら、2016年の1月に撮った深水埗店の写真がちょっと出てきました。
遠くからでもわかりやすい、道路に突き出した看板が目印。

Img_3676

お店の前は路駐だらけ。
午後4時という微妙な時間帯に行ったのに数人が並んでいました。
この時はひとりだったので待ち時間ゼロで席に案内してもらえました(ただし、見知らぬカップル+他人との相席)。

Img_3675

台湾で撮り忘れた蝦餃の写真もありました。
透き通った皮に包まれたプリプリのエビ!
向こうに見えてる蒸籠は相席のカップルのやつw

Img_3673

チャーシューメロンパン、がんばって3個完食したら他のものが入らなくなりました(泣)。
やはり點心は大勢で楽しむほうがいいですよね。

Img_3672

杞子桂花糕 クコの実とキンモクセイのゼリー。
コンビニでくれるようなフォークと一緒に出てきましたw

Img_3671

書いていて気づいたのですが、台湾と香港の一番の違いはお茶の有無です。
香港はテーブルに置かれたアルミのポット(日本の食堂で冷水入れているようなやつ)にお茶が入っていて、各自それを湯のみに注いで飲みます。
ぬるくなるか無くなった頃にホール係の人がポットごと交換してくれました。
会計にはお茶代もしっかり含まれていましたが、點心3つ頼んでお会計は1000円前後でした。

|

« 鼎泰豊(ディンタイフォン)のアプリは便利!自分の整理番号になったら教えてくれる | トップページ | 我愛豆花 »

食べたものメモ」カテゴリの記事