« 元信蔘藥行で買った金柑の甘露煮 | トップページ | 鼎泰豊(ディンタイフォン)のアプリは便利!自分の整理番号になったら教えてくれる »

2019年4月17日 (水)

包仔的店で朝ごはん

3月の旅の前半は、友人たちと捷運・大安站近くの台北美侖大飯店に宿泊しました。
この周辺で買える朝ごはんを調べていたときに、「包仔的店」がものすごく近いことを発見。

こちらは長く続く包子のお店で、30数年ものの老麵(発酵のタネになる古い生地)を使っているそうで、一度食べてみたかったんですよね。

お店の外観はこんな感じ。赤い看板が目印です。
客足の途絶えたタイミングで撮りましたが、包子を買い求める人が次々とやってくる人気店でした。

Img_5193

メニューの写真を撮ってきました。
このタイプのお店はあらかじめ買うものを決めていくのがいいですよね。

Img_4900

メニューの後ろ半分。

Img_4901

注文すると鉄板で焼いて仕上げてくれるメニューもありました。

右から黃金蔬菜餅(小麦粉の生地にニンジン・大根・キャベツなどを混ぜて焼いたもの)、蘿蔔糕、蔥抓餅、蛋餅、鍋貼(キャベツ・ニラの2種類)と書かれています。
これらのメニューにはベーコン・チーズ・コーン・肉鬆・卵などが追加できるようです。

蔥抓餅を頼んでみたら、卵をプラスするか?タレを塗るか?辣椒醬は付けるか?など、好みを細かく聞いて作ってくれました。

Img_4904

保温ケースの中で出番を待つフカフカたち。

2377232982db6b5fdced47e9041470f66d362718

店先にはテイクアウト用の饅頭や桃まん、粽子などが並べられていました。

Img_4903

私は高麗素菜包をひとつ購入。
手のひらくらいの大きさで、ずっしりと食べ応えあり。

Img_5195

中身はキャベツにニンジン、茶色いものは大豆でできた何かだと思う。

Img_5200

下の写真は友人チョイス。
左から蔥抓餅、叉燒包、黑糖紅豆包。

蔥抓餅は卵と一緒に焼いてもらいました。
カリっと焼けた外側と中のモチモチ食感がいい塩梅。
私はネギが好きではないのでパスしたのですが、苦手なネギの風味が気にならなくて、これなら自分も買えばよかったと少し後悔。

23772329523f4355328c35af960512d322fb62c4

そして、いつもスーツケースに饅頭を詰めて帰国するのですが、今回はこちらのお店で買った小饅頭の詰め合わせを持ち帰りました。
内容は袋ごとに異なっているようで、白糖・黑糖・雙色・芋頭の4種類がランダムに詰められてました。
大きさは通常の饅頭の1/3くらいだと思いますが、これだけたくさん入って100元。

生地はどれもきめ細かいフワフワした食感で、まさに私の好みでした。

Img_5218

包仔的店
MRT大安駅から徒歩5分以内
営業時間:6時30分〜21時30分(日曜日は12時まで)

夜遅くまでやっているので、帰国前日に持ち帰り分を買いに行くのもアリかな?

|

« 元信蔘藥行で買った金柑の甘露煮 | トップページ | 鼎泰豊(ディンタイフォン)のアプリは便利!自分の整理番号になったら教えてくれる »

台湾旅メモ」カテゴリの記事