« 燃えるように咲く木棉花 | トップページ | 包仔的店で朝ごはん »

2019年4月 4日 (木)

元信蔘藥行で買った金柑の甘露煮

大稻埕のあたりをブラブラするのが大好きで、旅行中に一度は必ず立ち寄ります。

先日、特に目的もなく乾物屋の店先を眺めながら歩いていたら、金柑の蜜餞Mì jiàn(砂糖漬けのフルーツ)が目に留まりました。
楕円形で大粒の金柑がテリテリと輝いていて、見るからにおいしそう。
旅行前に宮崎産のおいしい完熟金柑を食べたばかりだったので、「金棗Jīn zǎo」と書かれたこれが気になって仕方ありません。
でも、迪化街には同じようなものを扱うお店がたくさん並んでいるし、後で他のお店で買えばよかったと後悔しないために、ここは冷静になり一通りチェックしてから買うことにしました。

Img_5262

迪化街を南下しながら見ていくと、他数店舗でも金柑の取り扱いを確認できましたが、他のお店の蜜餞は小ぶりな乾燥タイプです。
砂糖漬けといっても、甘露煮っぽいものから水分の少ないドライフルーツ寄りのものまで幅があるようです。

結果、一番最初に見た品物が私のベスト。
一斤(600g)200元の量り売りだったので、引き返して半斤Bàn jīn だけ買いました。

食感は製菓材料にあるさくらんぼの砂糖漬け、ドレンチェリーみたいな感じ。
噛むとパリっとした皮の食感に続いて、中に染み込んでいるシロップがじゅわっと出てきます。
種は取り除いてあるので丸ごとパクっといただけますが、カロリーがヤバそうなので1日に3個までと決めて食べています。

Img_5322

「金棗」を計って袋詰めしてもらっている間に、試食させてもらった愛文芒果Ài wén máng guǒ も味がギュッと濃くておいしい!

おいしいだけに一斤450元くらいのいいお値段でしたが、私が買い物している間にも2組のお客さんが立て続けに買って行ったので、このお店の人気商品なのでしょう。

Img_5263

今まで台湾で買った芒果乾がハズレばかりで、なんとなく避けていたのだけど、これは気に入ったので200g(公克gōng kè)だけ買いました。

Img_5323

今回行ったお店は「元信蔘藥行」さん。

陳列が見やすくて、外に面している商品もホコリっぽかったりせず清潔。あと日本語可。

Img_5264

外観はこんな感じでした。

店先にドライフルーツやナッツ類、お店の奥には漢方薬。

殻付きのマカダミアナッツとか他にも気になるものがあったので、近くへ立ち寄ったらまたのぞきに行きたいです。

Img_5265

元信蔘藥行
台北市大同區迪化街一段140號
営業時間:9時半〜20時

|

« 燃えるように咲く木棉花 | トップページ | 包仔的店で朝ごはん »

台湾買東西 Shopping」カテゴリの記事