« 【台北宿泊】正・旅館 台北車站館(ジャスト イン タイペイ) | トップページ | 元信蔘藥行で買った金柑の甘露煮 »

2019年3月27日 (水)

燃えるように咲く木棉花

私が初めて台湾へ行ったのは4月上旬でした。
街を歩いていると歩道にぽこぽこと赤いものが散らばっていて、近づいてみるとバドミントンのシャトルのような形をした重量感のある花でした。

見上げると花は高い街路樹から落ちたもので、名前も知らぬ植物を見つめながら、知らない土地を旅しているんだなーとしみじみ思ったことを覚えています。

Img_5148

帰ってからすぐに調べると、花の名前は木棉花(Mù mián huā)だと知りました。
日本ではキワタというそうです。

あれ以来、春に旅する機会がなかなか無かったため、街路樹の木棉花を見ることも無かったのですが、一昨年は4月下旬に行くことができたので、残り少ないながらも花の時期に間に合うことができました。

そして、今年は3月上旬のベストなタイミングで旅をしたので、高雄と台北で見ることができました。
下の写真は高雄の蓮池潭で撮ったものです。
さすが熱帯モンスーン気候の地。すでに花の多くが散ってしまっていました。

Img_5147

下の写真は一昨年の4月下旬に台北の光復南路で撮った街路樹です。

Img_6859

宿泊先のホテルの窓から見たら、捷運大安站の近くにも植えられていました。

Img_5181

もっと近くで見たいと思っていたら、中華路一段の歩道橋に覆いかぶさるように咲いているところに出くわし、じっくり観察することができました。

Img_5240

上向きに咲く姿は炎のようにも見えますよね。

まだたくさんのつぼみが付いていたので、台北では4月半ばくらいまで見ることができると思います。

Img_5237

また、台南には白河林初埤木棉花道という木棉花の並木道があるそうで、いつか行ってみたいなと思っています。

|

« 【台北宿泊】正・旅館 台北車站館(ジャスト イン タイペイ) | トップページ | 元信蔘藥行で買った金柑の甘露煮 »

台湾旅メモ」カテゴリの記事