« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月 6日 (木)

台北・信維市場

基隆の中山陸橋や高雄の果貿社區など、(観光に向かない)お気に入りスポットを紹介するシリーズ。
今回は捷運の大安站のちょっと東にある「信維市場」のビルです。

ここは1971年に完成した地上6階・地下1階の建物で、1階部分は小吃店やカフェなどのお店が入り、上の階は住宅になっています。

Img_3231

信義路でバスを降りると、すぐ目の前。
見上げると、出窓っぽく突き出した格子が並んでかっこいい!

Img_3233

横の小道を入っていくと、上の階からあふれ出した花の鮮やかな色が目に飛び込んできます。
「男子理髪」の看板の赤と生命力あふれる花のピンクのコンビネーション!

Img_3238

建物の内部を貫く通路。
いつ貼ったのかも分からない古びた美女のポスター、子ども用自転車の斬新な収納方法、「德山銀樓」の力強い文字、無計画に引かれたような配線。なんという総合力の高い味わい深さ!

この通路を抜けると小吃店が軒を連ねる大安路に出ます。
刀切麺や小籠包のお店が有名みたいですが、ここの景色で胸がいっぱいなのと、暑さで食欲不振だったため今回はスルーしました。

Img_3235

建物はロの字型で真ん中がぽっかり空いた吹き抜けになっていました。

Img_3236

Img_3237

全部で489戸、1000人ほどが暮らしているそうです。

Img_3239

誰かを訪ねる風を装って、上の住居部分を歩いてみました。

共用部分の通路にまで家財道具がはみ出していて、日本ならマンションの管理組合に注意されそうなレベルですw

住民の多くは一人暮らしのお年寄りだそうで、通路をリビングのようにししてご近所と語らう姿も見られました。

Img_3240

築47年ともなると老朽化による設備の不具合も多いようで、ニュース記事によると、下水管の逆流や異臭などすぐに解決できない問題も山積しているのだとか。

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »