« 台北のスーパーで買えるカットフルーツあれこれ | トップページ | 台北・信維市場 »

2018年8月31日 (金)

基隆・中山陸橋

「ミレニアム・マンボ(千禧曼波)」という映画のオープニングで、舒琪が歩く長い陸橋。
青白い蛍光灯の色、どこまでも続くアーチ型の窓が印象的で、この場所がずっと気になっていました。

5年前「歩行者用の陸橋が崩れて鉄道のホームに落下した」というニュース(事故当時の様子を伝える自由時報の記事がこちら)をたまたま目にし、この場所が基隆の中山陸橋だと知りました。

いつか行きたいなと思いつつ、なかなか機会が無かったのですが、今年に入って撤去されるかもしれないという情報が入ってきたので慌てて行ってきました。

Img_3082

中山陸橋は線路をまたいで港側と山側をつないでいます。
港側からは公園街の入口と、橋のたもとに繋がるこの階段からアクセスできます。

Img_3108

1976年に完成し今年で42年。
はがれたタイルが時を感じさせます。


Img_3083

映画で見たアーチ型の窓!

Img_3087

山を背にし港方面を望むと、古ぼけた金金ホテル。

Img_3091

右側はかつて基隆駅のホームだったところです。
2015年に駅舎がリニューアルされ地上部分は駐輪場、ホームは地下へ移ったそうです。

私が立っているあたりが、5年前に崩落した部分。
ここだけ築浅。見た目もまるで違いました。

Img_3092

Img_3093

Img_3101

港側の南端は、公園街沿いの建物の2階に吸い込まれるように続いていました。

Img_3102

1階はいろんな店舗が入っているようですが、シャッターの閉じられた店も多く、一部は屋台置き場のようになっていました。

Img_3104

今年の9月に撤去か再開発かの結論が出るとか。

|

« 台北のスーパーで買えるカットフルーツあれこれ | トップページ | 台北・信維市場 »

必去打卡景點」カテゴリの記事