« タイガーエア台湾で高雄へ行って桃園から帰ってきた | トップページ | 高雄環狀輕軌(高雄LRT)に乗ってみた »

2018年6月20日 (水)

高雄国際空港の到着ロビーはコンパクトで便利

タイガーエア台湾で、高雄へ行ってきました。

初めて降りた高雄國際機場は想像以上にコンパクトで、入国直後に済ませたい用事が一気に済ませられる便利な空港というのが第一印象です。

両替やプリペイドSIMを買うためにウロウロさまようこともなく、到着ロビーに出て見渡せる範囲に全部揃っていました。

International1jp

上の画像は高雄國際機場公式サイトからお借りしました

荷物を受取り税関を抜けて到着ロビーに出ると、右の突き当たりに臺灣銀行(営業時間は9:00~24:00)、左の突き当たりに兆豐國際商業銀行(営業時間は9:00~21:00)があるので、台灣元への両替がさくっと済みます。

Img_2835

到着ロビーに出て左側を見るとこんな感じ。
銀行の並びに全家 ファミリーマート(営業時間は5:30~24:00) 、奥の通路を直進すれば高雄MRTの駅。

兆豐國際商業銀行が近かったので、まずこちらで両替(手数料30元) して現地通貨を入手。

Img_2837

SIMフリーのWi-Fiルーターを持ってきたので、中華電信(営業時間は8:00~20:00)でプリペイドSIMを調達。

今回は5日間の滞在だったので、5日間 通信量無制限 300元のSIMを購入しました。

中華電信の隣はWi-Ho(営業時間は8:00~19:30)で、Wi-Fiルーターが予約無しでレンタルできるそうです。
受取り返却は台湾内のどこのカウンターでもOKだそうですが、高雄で借りた場合のみ高雄で返却しなければならないとのこと。

Img_2838

中華電信&Wi-Hoの右隣は、台湾アニキこと台灣大哥大のカウンターです。

その隣の旅行社では、台湾南端のビーチリゾート墾丁 KenTingへ行くバスのチケット販売(時刻表や停留所等はこちら)や各種手配などをしています。

Img_2836

台湾アニキといえば、兆豐國際商業銀行の前にある旅客服務中心の横にも看板を出していました。
預付卡はプリペイドSIMのことなので、こちらでも購入可能。

写真奥、旅客服務中心の隣には星巴克 スターバックス(営業時間は6:00~24:00) がありました。

ホテルまではタクシー利用です。
タクシー乗り場は建物を出て右に進んだところにありました。
何台か待機しているので、建物を出ると場所はすぐに分かります。

空港の公式サイトによると、国際線ターミナルから乗った場合のみ停留服務費(待機サービス料)が50元、トランクに荷物を入れてもらうと10元加算されるそうです。

料金はMRTの中央公園站の手前あたりまで(約10km)乗って200元ちょっとだったと記憶しているのですが、私が乗ったときはメーターに表示された料金しか請求されなかったので、初乗り時点でこの料金がすでに加算されているのか、運転手さんがおまけしてくれたのかは不明です。

ただ、帰りに高鐵の新左營站まで乗ったときも、同じような距離と時間で200元ちょっとだったので、停留服務費が入っていないような気がしてなりません。

最後はタクシーの話ばかりになってしまいましたが、南部へ行く予定があるなら高雄國際機場を使うのもアリかと思います。
今回は旅程の都合で、1階の到着ロビーしかチェックできなかったのが残念です。

|

« タイガーエア台湾で高雄へ行って桃園から帰ってきた | トップページ | 高雄環狀輕軌(高雄LRT)に乗ってみた »

台湾旅メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タイガーエア台湾で高雄へ行って桃園から帰ってきた | トップページ | 高雄環狀輕軌(高雄LRT)に乗ってみた »