« 高雄国際空港の到着ロビーはコンパクトで便利 | トップページ | 【高雄宿泊】康橋商旅 光榮碼頭館(カインドネスホテル カオショングァンロンピア) »

2018年6月24日 (日)

高雄環狀輕軌(高雄LRT)に乗ってみた

高雄環狀輕軌 Gāo xióng Huán zhuàng Qīng guĭ(高雄ライトレール。以下、高雄輕軌)に乗って来ました。

Img_2925

宿泊先から歩いてすぐにあった光榮碼頭站(Guāng róng mǎ tóu zhàn)から乗車し、途中下車しつつ哈瑪星站(Hā mǎ xīng zhàn) までのベイサイドぶらり旅。

今回は端っこの数駅分しか乗っていませんが、楽しい体験でした。

Img_2929

高雄輕軌は架線による給電が無いので、駅に停車するごとに急速充電して走行しているのだそうです。
ホームの軒下に取り付けられた竿みたいなところからガーッとチャージ。

Img_2933

駅ごとに始発と終電時間、周辺の地図、その駅から乗り換えられるMRTやバスの案内などが表示してあります。

Img_2928

看板は高捷少女の小穹(シャオチョン)さん。
「2017年11月1日からは運賃払ってね」的なことをおっしゃっています。

というのも、2015年の一部区間プレ開業から2017年10月末までは無料で乗れたのが、同年11月1日から有料になったそうなのです。

Img_2930

これがホームにある券売機。
現金での乗車は一律30元。

改札が無いので、乗車券は降りる時まで無くさないように持っていましょう。

Img_2932

ICカードで支払う場合は一律10元です。

ICカードリーダーはホームと車内にあるので、乗車時にどちらかで1回だけ「ピッ」とやって下さい。降りるときは不要です。

当初、支払いには一卡通しか使えなかったのですが、今年の2月13日からは悠遊卡も使用可能に。

情報が古かった私は高雄輕軌で使うためだけに、高雄機場に着くなり高捷の窓口へ一卡通を買いに行きました。

現在は一卡通・悠遊卡・有錢卡・愛金卡が使えます。

Img_2939

さて、列車が到着しました。
ドアは自動ではないので、乗る時はこのボタンを押して自分で開ける必要があります。

Img_2960

これが車内のICカードリーダー。

高雄輕軌の駅は改札も無いし、なんだか無賃乗車が簡単に出来ちゃいそうな仕組みですが、車内では時々検札もやっているので、悪いことを考えてはいけません。

どれくらいの頻度でやっているのか分かりませんが、私は実際にチェック用の端末を持った乗務員さんにICカードの提示を求められました。

Img_2936

海の近くを走る車内は開放的な雰囲気です。
天井の電光掲示板に次の駅名が表示されるので、車窓の景色に見惚れて車内アナウンスを聞き逃しても安心。

Img_2940

駁二大義站(Bó èr dà yì zhàn)で降りてみました。
この駅は駁二藝術特區(Bó èr yì shù tè qū)という旧倉庫街をリノベーションした芸術特区の中にあります。

Img_2943

この日の夜、このLIVE WAREHOUSEでライブを観る予定があったので、私は場所の下見のつもりで来たのですが、お昼に配られる枚数限定の整理券確保のためにテントで泊まり込みをしている人たちが大勢。
こんな光景に出くわしたら、その日は有名な人のステージがあるかもしれません。

Img_2946_2

駁二大義站と次の駁二蓬萊站(Bó èr péng lái zhàn)は距離も近く、周辺をブラブラ見物しているうちに歩けてしまいます。

ざっくりした全体マップがあったので撮ってきました。
東から大義倉庫群・大勇倉庫群・蓬莱倉庫群。

バリアフリー対応の公衆トイレが点在していたので、お腹の弱い私も安心できるエリアです。

Img_2949

土曜日の午前10時台だというのに大勢の人が訪れていました。
すでに30度を超えていて暑かったので散策終了。

Img_2959

駁二蓬萊站から再び乗車。

Img_2961

現時点での終点 哈瑪星站に到着。

哈瑪星という地名は、日本統治時代にこの辺りを通っていた貨物線が「濱線」と呼ばれていたのが由来だそうです。

ここからMRTの西子灣站(Xī zǐ wān zhàn)に乗り換えることができます。

乗車の時と同様に、降りる時もボタンを押してドアを開けます。

Img_2962

哈瑪星站は哈瑪星鐵道文化園區という公園の中にあります。

写真はかつて高雄港という駅の操車場だった場所。
ものすごく広大です。

Img_2965

線路の終端と車止め。

Img_2966

園内にある鉄道博物館 舊打狗驛故事館の一部として保存されているホーム。

当日は時間が無くて見られなかったのですが、次回はこの博物館にも行きたいです。

舊打狗驛故事館(月曜休館 10:00〜18:00)

|

« 高雄国際空港の到着ロビーはコンパクトで便利 | トップページ | 【高雄宿泊】康橋商旅 光榮碼頭館(カインドネスホテル カオショングァンロンピア) »

台湾旅メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高雄国際空港の到着ロビーはコンパクトで便利 | トップページ | 【高雄宿泊】康橋商旅 光榮碼頭館(カインドネスホテル カオショングァンロンピア) »