« 紫米プチプチ青島飯糰のおにぎり | トップページ | 台湾の郵便局ではポスターの入る箱が買える送れる »

2018年5月13日 (日)

龍鬚菜が食べたい!

次の台湾行きまで1ヶ月を切ったので、過去に食べたおいしいものを思い返し中です。

今思いを馳せているのは龍鬚菜(Lóng xū cài)という青菜。

去年の春、友達が中山駅近くの客家料理のお店に連れて行ってくれました。
その時のメンバーが、台湾人6人で日本人が自分だけ。
会話の90%が中国語でした。
初級レベルの理解力しか無いのに、聞いて話して話せなければ書いて見せて伝えるという忙しい状況になり、料理の写真はおろかじっくり味わう余裕さえ無く、食事会は終了しました。

そんな余裕ゼロの状況下にも関わらず、強く印象に残ったのが「ツルのある青菜」を湯通ししてゴマだれをかけた料理でした。
なんだこれうめー!
青菜の名前を聞いたけど、残念なことに中国語のシャワーというか、洪水に流されて記憶から消えてしまいました。

そこから半年後にまた訪台する機会があり、友人たちとの食事には前から行きたくて叶わなかったお粥屋さん「小李子清粥小菜」をリクエストしました。
台湾らしい料理をいろいろ食べてみたかったので、みんなの胃袋を貸してもらう作戦です。

小李子清粥小菜 (大安) の口コミ57件 - トリップアドバイザー

数えきれないほどのおかずが並ぶ中、どれにしようかと品定めしていた時に、客家料理のお店で食べた「ツルのある青菜」に再会!

龍鬚菜という名前、今度は覚えました。

龍鬚菜は佛手瓜(ハヤト瓜)という瓜の葉と茎部分だそうです。

火を通した後が山菜のコシアブラっぽいビジュアルですが、龍鬚菜はあまりクセがないのでバクバク食べられます。

「小李子清粥小菜」では破布子というサクランボっぽい形状の木の実と一緒に炒めてあったのですが、ちょっと塩辛い破布子の風味と相まって未知の味わいでした。

Img_1449

手前が龍鬚菜の破布子炒め。
奥が醤油で煮込んだプルプルの豚足。
「小李子清粥小菜」は素食メニューも充実していて、ベジタリアンの友人がそちらのエリアから持って来たおかずもおいしかったです。

あと、ベジタリアンビュッフェ「明德素食園」でも龍鬚菜を見つけました。

明德素食園-台北素食、素食吃到飽、自助百匯、素食婚宴

こちらのお店は、入り口でお皿を持って好きなおかずを好きなだけ取り、最後にレジで重さを計ってもらいお会計するスタイルです。
ご飯やスープなどの温かいものはレジでオーダーします。

私が行ったことがあるのは京站時尚廣場B3と、誠品信義店B2のフードコートですが、どちらも女性ひとり客を結構見かけたので、入りやすいお店だと思います。

Img_1564

左奥が龍鬚菜のあっさり炒め。
横が豆苗っぽいやつで、黄色いのはパッションフルーツ味の大根?
手前のゴマをまぶした鶏肉にしか見えない食べ物は、グルテンミートのようです。
レジで麵線も一緒に頼んだのですが、具はえのき茸でした。

暑さですぐに食欲が無くなるので、この素食ビュッフェの存在は心強いです。
あ、あっさりした野菜メニューはもちろんですが、大豆やグルテンミートを使ったおかずもあるので、しっかり食べたいときも満足できると思います。

|

« 紫米プチプチ青島飯糰のおにぎり | トップページ | 台湾の郵便局ではポスターの入る箱が買える送れる »

台湾旅メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紫米プチプチ青島飯糰のおにぎり | トップページ | 台湾の郵便局ではポスターの入る箱が買える送れる »