« 続・光復市場素食包子店と辻売りの饅頭 | トップページ | 台湾新幹線のアプリT Express »

2017年10月30日 (月)

空港行き帰り充電事情

東京駅から成田空港へ1000円で連れて行ってくれる高速バス「THEアクセス成田」。
バス停が八重洲南口の「JRバス7番のりば」なので駅から近くて便利。
グランルーフの下だから、雨の日でも濡れずに快適。
予約不要(乗車は予約有りの人が優先)でSuicaやPASMOなどの交通系ICカードで決済可能。

何よりありがたいのが、バスにトイレが標準で付いているという点。
おなか弱者にとって、トイレの有無は死活問題。
おなかが痛くない日でも、「トイレに長時間行けないかもしれない……」という心理的プレッシャーで腹痛になりますからね。

乗ってから使う使わないは無関係。
安心材料としてトイレ付き車両に乗るのです。

トイレの話で終わらせるわけにはいかないので、本題に戻ります。

今日は空港行きの公共交通機関でのスマートフォン充電事情について。
東京都内〜成田空港、台北〜台湾・桃園機場編です。

■THEアクセス成田(東京駅〜成田空港)

先日乗った「THEアクセス成田」の座席に、充電用のACコンセントが付いていました。

Img_1102

あぁ、これでまた「東京シャトル」ではなく、「THEアクセス成田」を選ぶ理由が増えてしまった。

でも、全ての車両にあるわけではなさそうなので、付いていたらラッキーくらいに考えておきましょう。

■桃園機場捷運(台北車站〜桃園機場)

今回の旅で、桃園機場捷運(桃園空港MRT)の直達車(急行)に乗って気付いたのですが、座席が向かい合ったボックスシートのところにだけ、スマートフォン用のワイヤレス充電器が付いていました。

Img_1605

窓辺のテーブルのようなこれがワイヤレス充電器です。

ワイヤレスですが、ただここに置くだけでは充電されません。

Img_1607

テーブルの下方に、充電用コネクタが磁石でくっ付いているので外してスマートフォンに挿します。

Img_1606

挿した状態でテーブルの枠内に置くと充電されます。

なお、注意書きにあったのですが、充電しているときに悠遊卡などのICカードをここに近づけると、中のICチップがダメになってカードが使えなくなってしまうようです。悠遊卡は遠ざけて下さいね。

■京成スカイライナー(成田空港第2ビル〜京成上野)

成田から都内へはスカイライナーで移動したのですが、スカイライナーは全席ACコンセント付きでした。

Img_1609

でも、ここで問題発生。

私の隣に座っていた香港人の女性が、このコンセントの形状で困っていました。

日本と同じAタイプの国の人なら躊躇なく使えるでしょうが、香港は穴が3つのBFタイプだから合わないんですよね。

グループ旅行で一緒に来ていた彼女の友人が、日本で使えるものを持っていたので、スカイライナーのコンセントを活用することができたけど、訪日観光客にとってはUSBのほうがメリット大きいのかなと思いました。

■國光客運1819(台北〜桃園機場)

メモ的に撮っていた過去の画像データを漁ったら、去年の夏に乗った台北〜桃園機場行きのバス、國光客運1819で撮った写真が出てきました。

Img_5205

乗ってすぐに眠ってしまったので撮ったことさえすっかり忘れていたけど、そういえば座席の横にUSBの挿し口がありました。

1819のエアポートバス全てにUSBが付いているかは不明ですが、使える人が限定されるACコンセントよりもこちらのほうが使い勝手いいですよね。

次回以降、他の交通機関を使うことがあったら、情報を追加したいと思います。

|

« 続・光復市場素食包子店と辻売りの饅頭 | トップページ | 台湾新幹線のアプリT Express »

携帯・通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・光復市場素食包子店と辻売りの饅頭 | トップページ | 台湾新幹線のアプリT Express »