« 無印良品の「ルーロー飯」 | トップページ

2017年8月 3日 (木)

彩虹眷村へのバスでの行き方・補足

夏休みに彩虹眷村へ行こうと計画している人が多いのか、以前書いた「彩虹眷村へのバスでの行き方」という記事にたくさんのアクセスをいただいています。

彩虹眷村へのバスでの行き方 - ねごしう備忘録

高鐵 台中站(台湾新幹線 台中駅)から路線バスを使って彩虹眷村へ行くには、もう一つ別なルートがあるので、補足として書いておこうと思います。

先に結論を述べますが、この行き方はオススメしません。

時間を有効に使いたいのならタクシー推奨。

少し時間がかかっても交通費を節約したい人や、バスで冒険気分を味わいたいのなら前回の記事を参考に。

前回の記事では「新烏日火車站」というバス停から行く方法を書きましたが、新幹線の駅の1階のバスターミナルからも、彩虹眷村の近くで止まってくれる路線バスが何本か出ています。

いずれも「高鐵台中站」バス停を経由して、彩虹眷村のちょい先にある嶺東科技大學へ向かう路線です。

■26番のバス
運行間隔が1時間〜1時間半に1本なので、ちょっと使い勝手が悪そうです。

Img_6932

■70番のバス
26番の間を埋めるように運行されているバスですが、1日8本・休日6本と本数が少ないレアな路線です。

Img_6930

■99番のバス
午前中に3本(7時・7時半・8時)走らせたら、次は16時まで来ないという通学用の路線です。旅行者が使いたい時間にはやって来ません。

Img_6933_2

この3路線が止まる「彩虹眷村」というバス停は、実際の彩虹眷村からはやや離れていて、降りてからの行き方が分かりにくいかもしれません。

位置関係はこんな感じです。

◉がバス停、○が彩虹眷村

Img_6928

ここまで読めば、オススメしない理由がお分かりいただけましたよね。

しかし、高鐵から彩虹眷村へのアクセス方法をググってみると、今回紹介したバス路線を紹介している記事が結構見つかって、少し残念な気持ちになったので書いてみました。

でも、延々来ないバスを待ち続けたり、道に迷ったりすることも、時間が経てば楽しい旅の思い出になったりしますよね(私だけ?)。

この記事をご覧になられた方の旅が、楽しいものとなりますように!

|

« 無印良品の「ルーロー飯」 | トップページ

台湾旅メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無印良品の「ルーロー飯」 | トップページ