« 三明治の洪瑞珍が台北駅前にもあった | トップページ | 台湾モバイルのSIMをリチャージする方法 »

2017年6月20日 (火)

空港で買える台湾モバイルのプリペイドSIM

桃園機場で台湾アニキこと台灣大哥大(台湾モバイル)のプリペイドSIMを買いました。

場所はターミナル1の制限区域内、イミグレーションの手前。

イミグレを正面に見た右の突き当たりに、中華電信・遠傳電信・台灣大哥大の3社のカウンターが並ぶ一角があって、着いた時にガラガラだったのでそこで買いました。

全社が大きな料金表を出しているので、比較検討しながら自分に合った料金プランの会社を選べばよいかと思います。

私は「台湾アニキ」と言いたいがための、台灣大哥大一択です。

機場の台湾アニキでは、「何日間データ使い放題」的な旅行者向けのプランを数種類用意していて、パスポートを提示すればすぐに購入できます(※以前、松山機場の中華電信でプリペイドSIMを購入した際は、パスポートの他に日本の運転免許の提示も求められました。通信会社によってはパスポート以外の身分証明証も必要ななケースがあるかも)。

Img_6609

空港で扱っている料金プラン。全部4G(2017年4月下旬)

  • A : 3日間データ無制限+通話100元分 300元
  • B : 5日間データ無制限+通話50元分 300元
  • F : 6日間データ無制限+通話50元分 400元
  • D : 7日間データ無制限+通話150元分 500元
  • G : 10日間データ無制限+通話100元分 500元
  • I : 15日間データ無制限+通話100元分 700元
  • J : 30日間データ無制限+通話430元分 1000元

私が買ったのはBの5日間データ無制限のやつです。

300元をカード決済して、後日届いた明細を見たら1115円でした。

5日間使い放題で1000円ちょっと。

安いぜアニキ!

購入時に必要なSIMのサイズを確認するために、お店の人が端末を見せてと言ってくるので、手元に用意しておくといいかもしれません。

お願いすればアクティベーションもしてくれるみたいですよ。

 

Img_0439

「預付卡 Yù fù kǎ」と書いてプリペイドカード。

パッケージに「09ほにゃらら」と見えるのが、このSIMの電話番号。

桃園機場には台湾アニキのカウンターが3ヶ所あるようなので、機場の公式サイトにあったショップ情報のリンクを貼っておきます。

見取り図付きなので、行きやすいところへどうぞ。

桃園國際機場-服務店家資訊(台灣大哥大)

ターミナル1 1F(非制限エリア)営業時間8:00〜24:00

ターミナル2 1F(非制限エリア)営業時間8:00〜22:00

ターミナル1 3F(制限エリア)営業時間10:00〜22:00

他の通信会社と比較検討したいなら、【桃園國際機場-服務店家資訊(手機電信諮詢) 】から機場内にある携帯電話・通信会社一覧が見られます。

中華電信・遠傳電信・台灣大哥大の大手3社なら近い場所にカウンターが並んでいるので、比べるのも楽だと思います。

|

« 三明治の洪瑞珍が台北駅前にもあった | トップページ | 台湾モバイルのSIMをリチャージする方法 »

台湾旅メモ」カテゴリの記事

台湾買東西 Shopping」カテゴリの記事

携帯・通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三明治の洪瑞珍が台北駅前にもあった | トップページ | 台湾モバイルのSIMをリチャージする方法 »