« セブンイレブンの「しっとりまろやかミルク餡まん」 | トップページ | セブンイレブンの「とろけるクリームのふわころ」 »

2017年6月11日 (日)

台中の洪瑞珍へ三明治を買いに行った

4月に訪れた台中は土砂降りで、事前にあれこれ下調べしていた行きたい場所も最低限に絞ったのですが、その中で何がなんでも食べたかった三明治(サンドイッチ)のお店には、宿にチェックインして速攻で向かいました。

そのお店「洪瑞珍餅店」を知ったのは一昨年の夏のことでした。
ここの三明治が香港人に大人気で、空輸してネットで代理購入する業者まで現れるほど人気に火がついた挙句、真夏に10数人が食中毒になって輸入禁止になったというニュースを読んだのが最初です。

食中毒のニュースよりも、「食べることが大好きな香港人に人気って、どれほどおいしい三明治なの?」それが第一印象です。
去年の夏、台湾へ行った際に、(今はもう無くなっちゃった)國光客運の台北西站バスターミナルの中に売店があったのを偶然発見したのですが、私が行った夕方には店仕舞いしていて買うことができず、洪瑞珍への憧れはますます募るばかり。

そして、ついに念願の「洪瑞珍餅店」へ行くことが叶いました!

Img_6702

踊っているようなモダンな書体で洪瑞珍!
この一角の昭和感がすごい。

Img_6703

通りに面した場所に三明治が!
ケーキに焼き菓子、なつかしい洋菓子店の品揃えです。

Img_6707

本当は全部味見したかったのですが、胃袋のキャパがあまり大きくないので3つに絞り込みました。

左から、招牌滿漢(ハム+チーズ+薄焼き卵)・草莓(いちごジャム+チーズ)・橘子(マーマレード+チーズ)。
値段は1個23〜30元ほど。

日本のサンドイッチが、噛めば横からはみ出すほどのモリモリ具沢山が主流なのに対し、洪瑞珍はパンが主体で具はギリギリまで薄くする真逆の立ち位置。
でも、このパンがきめ細かくてフワフワしてウマい!
豆腐に例えるなら絹ごし。

そして、選んだ3種類全てに、ちょっと甘いクリームが塗られていました。
本来はしょっぱい系であるはずの招牌滿漢さえ甘さ寄りの味付けになっているのですが、なぜかこのクリームがハムやチーズに合うんですよ!

パンがフワフワだったので、上の3個はすぐに完食しました。
もっとたくさん買えばよかった!

宮原眼科や第四信用合作社から歩いて行ける距離。

 

洪瑞珍餅店
http://22268127.com

|

« セブンイレブンの「しっとりまろやかミルク餡まん」 | トップページ | セブンイレブンの「とろけるクリームのふわころ」 »

台湾旅メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セブンイレブンの「しっとりまろやかミルク餡まん」 | トップページ | セブンイレブンの「とろけるクリームのふわころ」 »