« お店から行列がはみ出す鼎元豆漿 | トップページ | ウマすぎる!チキチキボーンの素 からあげ粉 »

2017年6月 2日 (金)

臺鐵便當はぼっち旅の好朋友!

食べたものメモ。

胃袋容量が限られている4泊5日での食事で、2食も割いてしまった臺鐵便當(駅弁)。
食の開拓をしたい気持ちはあるけど、ぼっち旅だと気後れして入りにくい店もあるし、ついつい面倒になって前に食べたおいしいものをリピートしてしまう。
そんな時、安くておいしい臺鐵便當はぼっち旅の好朋友!
そんな好朋友を紹介するよ!
Img_6698
台中駅で買ったた排骨便當(60元)。
豚の骨つきのあばら肉を揚げて醤油ベースのタレに絡めたメインの排骨と、滷蛋(しみしみの煮卵)、キュウリのキューちゃんっぽい漬物と、全体が茶色いだけで残念な弁当の見た目を救う付け合わせの青菜。
温かいまま売られていて、小ぶりで食べやすいのもいい。
前に台北駅で買ったものは、青菜がキャベツで豆皮と呼ばれる湯葉を固めたものが入っていたけど、付け合せのおかずは時期や工場によって変わるんでしょうね。
Img_6834
台北駅で買った八角排骨便當(80元)
60元のものに、おかずがちょっと増量されたバージョン。
この時買ったものには、甜不辣(発音はてんぷらっぽいけど、実態はさつま揚げ)、搾菜っぽいもの、豆皮が入っていた。
個人的には60元の便當で充分かな。
あと、夕飯を食べ損ねた日、これをアテにして台北駅に買いに寄ったら、臺鐵便當本舗の閉店時間が20時で買えずに泣いたこともあったので、時間だけは気にしたほうがいい。

|

« お店から行列がはみ出す鼎元豆漿 | トップページ | ウマすぎる!チキチキボーンの素 からあげ粉 »

台湾旅メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お店から行列がはみ出す鼎元豆漿 | トップページ | ウマすぎる!チキチキボーンの素 からあげ粉 »