« 台湾モバイルのSIMをリチャージする方法 | トップページ | 【台中宿泊】宜舍單人旅店(イーズ シングル イン ホステル) »

2017年6月24日 (土)

光復市場素食包子店と辻売りの饅頭

旅の最終日、飛行機の時間から逆算し午前10時にチェックアウトして空港へ向かおうと考えていた。

いつもなら、ゆっくり起きて身支度とパッキングを済ませ、それで帰国の途につくはずなのだけど、運良く早く目が覚めてしまったので、ずっと気になっていたベジまんのお店へ包子を買いに行き、それを朝食にすることに。

向かったのは台北101の近くにある「光復市場素食包子店」。

道がまだ混んでいなさそうな7時半にタクシーに乗り、運転手さんに行き先を書いた紙を見せると、市民大道の高架道路を使ってくれたので10分ほどで到着。

Img_6844

せっかくなので光復市場の中を見学し、台北101を入れて写真を撮ってみた。

8時前だというのに、この周辺は(お年寄りたちで)かなり賑わっていた。

Img_6848

「光復市場素食包子店」は光復市場から100mも離れていない場所にあって、店先では派手な柄モノを着こなし、せっせと包子を包むおばちゃんたち!

さて、どれを食べようか?

メニューの一番最初の「雪裡紅素包」がおすすめ商品に違いなさそうなんだけど、中身が全然推測つかない。
よって、キャベツだとわかる2番目の「高麗菜包」に決定。

「不好意思,我要高麗菜包!兩個!!」

Img_6849

うわー、ぼっちなのについつい2個買っちゃった。
25元のキャベツまん1個だけじゃ、なんか悪い気がしてね……(小心者)。

Img_6860

割った内部はこんな感じ。

シャキシャキと歯ごたえをちゃんと残したキャベツ、黒いのはキクラゲかな?茶色い具の正体が分からずじまいだったけど、これらがごま油の香りと共に包子に封じられていた。

うまいうまいうまい。
ベジまんが、ここまでうまいとは!

のちに「雪裡紅素包」とはからし菜の一種だと知って、1個買っておくんだったと後悔。

次回の課題とした。

Img_6851

帰ろうとしたら、台湾マダムたちが大勢並んでいるところがあって、列の先頭を見に行ったら、ここでも包子を売っていた。

飛ぶように売れていく包子が気になって私も一緒に排隊!

Img_6852

どうやら、ここの主力商品は具なしの饅頭のようだ。
生地にミルクやチョコ、黒糖などを練りこんだものが、5個ずつ袋詰めになっている。

全員が買って行く、前のおばちゃんも握りしめているのは「養生五穀饅頭」というものらしい。

「我要這個!!」

あぁ、つい熱くなって買ってしまった……。
今から国へ帰るという段階で、包子やら饅頭をずっしり合計7個も買ってしまった……。

この「養生五穀饅頭」の五穀のうち、かぼちゃの種・ごま・クコの実をつぶしたようなものまで判別できたが、残り2つは謎のまま。
帰国後すぐに冷凍し、蒸しなおしていただいたけど、具なしでも飽きずに完食した。

光復市場素食包子店

6:30〜13:00 月曜定休

|

« 台湾モバイルのSIMをリチャージする方法 | トップページ | 【台中宿泊】宜舍單人旅店(イーズ シングル イン ホステル) »

台湾旅メモ」カテゴリの記事

台湾買東西 Shopping」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台湾モバイルのSIMをリチャージする方法 | トップページ | 【台中宿泊】宜舍單人旅店(イーズ シングル イン ホステル) »