« 台湾新幹線のチケットを券売機で買ってみた | トップページ | お店から行列がはみ出す鼎元豆漿 »

2017年5月30日 (火)

彩虹眷村へのバスでの行き方

高鐵 台中站(台湾新幹線 台中駅)から路線バスで彩虹眷村へ行ってみました。
初めてでも分かりやすかったので、行き方を書いておきます。

※先にお断りしておきますが、時間を節約したい人にはタクシーをオススメします(タクシーの場合、料金は160元前後。所要時間は15分程度です)。

高鐵の改札を出たら、そこは建物の2階です。階の移動はせずに「往台鐵車站(台鉄駅へ)」の表示に従い、ズンズン突き進みます。

高鐵台中站に隣接するのは新烏日站(新烏日駅) 。2階で繋がっています。

広い空間に鉄道グッズのショップや売店があるので、バス待ちの時間をつぶすのにいい感じ。

バス停は新烏日站の駅前です。
站前出口(駅前出口)の表示に従い、駅舎の外へ出ます。

外に出て駅舎を振り返るとこんな立派な建物でした。

駅周辺は駐車場と空き地ばかりで何も無いので、目の前の大通り(高鐵東路)沿いにあるバス停(屋根付き)はすぐ見つけられます。
バス停の名前は「新烏日火車站」。

ここから56番のバスに乗車します。

下の画像はバスアプリのスクショです。
56番バスは20〜30分に1本ほどの間隔で運行されていて、わりと時間通りにやって来ました(8/3追記:74番のバスでもOKです。ただし、1時間に1、2本ほどしか来ないので、いいタイミングでやって来たら乗りましょう)。
降りるのは 9個目のバス停「彩虹眷村」です。

台中市内の路線バスは、交通ICカードをリーダーにかざすと1日10kmまで無料になるそうなので、ぜひ悠遊卡(easy card)か一卡通(iPASS)のご用意を。

下が車内の様子。
ICカードは乗車時と降車時の2回リーダーにタッチします。
ドアは前と後ろにありましたが、乗客はみな自分に近いドアから乗り降りしていました。

バスに揺られること20分ほどで目的地に到着です。

進行方向の左側に見える公園の奥が彩虹眷村です。
小雨ぱらつくくもり空でしたが、バス停からでもわかるくらい村はカラフルでした。

私が訪れたのは4月でしたが、屋根の葺き替えと外壁工事のために一部しか公開されていませんでした。
4月いっぱいで工事が終わり、今頃はリフレッシュした状態で楽しめると思います。

村中にビッチリと絵を描いた、彩虹爺爺こと黃永阜おじいちゃんもお元気で、グッズを買ったらサインをして下さいました。

ここの売店でTシャツ・マステ・リングノート・ポーチなど、どれもかわいくて大人買いしてしまいました。

8/3追記:彩虹眷村へのバスでの行き方・補足」という記事を書きました。
彩虹眷村へのバスでの行き方・補足 - ねごしう備忘録

|

« 台湾新幹線のチケットを券売機で買ってみた | トップページ | お店から行列がはみ出す鼎元豆漿 »

台湾旅メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台湾新幹線のチケットを券売機で買ってみた | トップページ | お店から行列がはみ出す鼎元豆漿 »