« 桃園空港MRTに乗ってみた | トップページ | iPhone7 Plus用の液晶保護フィルム »

2017年5月 2日 (火)

帰りも桃園空港MRTに乗ってみた

到着した日の台北は雨だったので、桃園機場捷運の台北車站から新光三越 台北站前店の裏あたりにあるホテルまで、地下街を歩いて行けば濡れずに済むかななんて考えたのが大間違いでした。

桃園機場捷運の台北車站の位置がめちゃめちゃ微妙で遠回り。

ホテルが忠孝西路の南側かつ、館前路より西側にあるのなら、カオスな地下を通るより地上を歩いた方が早いかも。

というわけで、帰りは重慶南路から重慶北路へとテケテケ直進して駅へと向かいました。

Img_6770

熊イラストの建物が駅で、左が重慶北路、奥に見えているのが市民大道の高架です。
路面もフラットで、スーツケース引いていても歩きやすかったです。

Img_6737
このルートで来たら4番のゲートから中へ入れます。

Img_6771
駅の1階はこんな感じでガラーンとしています。
シャッターが閉まっているところは、今後テナントが入るのでしょうか?

Img_6772
改札のある地下1階は吹き抜けになっていて、1階から見下ろすとこんな感じ。

Img_6862
運賃はトークン型の乗車券を買うか、悠遊卡(easy card)などの交通ICカードで改札をタッチして支払います。
どちらのターミナルでも桃園機場までは大人160元。

Img_6863
それから、台北車站では市區預辦登機(インタウン・チェックイン)が出来るようになったそうです。

写真は平日の午前10時頃の様子。
奥がチェックインカウンターで、手前に写っているのが荷物を預ける場所のようです。
現在のところ利用できる航空会社が少なくて、チャイナエアライン・マンダリン航空・エバー航空・ユニー航空のみなので結構ガラガラでした。

Img_6864

改札を通り、さらに下の階へ移動して乗車します。
到着の日は知らずに普通車(各駅停車)に乗ってしまった私ですが、台北車站から乗る場合は普通車と直達車(急行)は乗り場自体が違うので安心です。

Img_6865_2

車内はこんな感じ。
ロングシートだった普通車とは全然違う……。

Img_6866

スーツケースを置ける棚が1車両に3つ付いていました。
ただ、荷物が転がり出ないように抑えておくベルトのフックがなかなか外せなくて焦りました。
降りる際は早めにスタンバイしておいた方がいいかも。

|

« 桃園空港MRTに乗ってみた | トップページ | iPhone7 Plus用の液晶保護フィルム »

台湾旅メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桃園空港MRTに乗ってみた | トップページ | iPhone7 Plus用の液晶保護フィルム »